ナースバンクやハローワークと看護師求人サービスの違いについて

ハローワークとは
ハローワーク(公共職業安定所)は国民に安定した雇用機会を確保することを目的として国が設置している行政機関です。あらゆる職種が対象です。ハローワークは全国各地(各都道府県の中にも多数)に拠点があるので通いやすいというメリットがあります。登録をすることで自宅でインターネットを用いて求人閲覧をすることも可能です。行政機関のため、もちろん非営利事業です。あらゆる職種の求人を扱っているため、求人票のフォーマットにおいて、看護師ならば気になる夜勤手当についてや勤務形態などの情報が見づらかったり抜けていたりというデメリットはあります。就業について相談にものってもらえますが、もちろん看護師限定ではないため、看護師ならではの視点での相談は難しいでしょう。

ナースセンター(ナースバンク)とは

ナースセンターは47都道府県に1か所ずつ設置されています。各都道府県の看護協会が都道府県知事の指定を受けて、看護師の人材確保の促進を目的に運営を行っています。そのナースセンターの事業のひとつがナースバンク事業であり、ナースバンク事業では看護師への職業紹介を無料で行っています。非営利事業のため、看護師を募集する病院や施設側の利用も無料です。そのため求人数が多いのが特徴です。登録することでインターネットでの求人閲覧も可能です。ハローワークとの違いは看護師限定であることと、相談にのってくれるスタッフが看護師であるという点です。同業だからこそ相談にのってもらいやすいというメリットがあります。

民間の看護師求人サービスについて

ナースセンターやハローワークと比較しての大きな違いは、民間のサービスであるため、営利目的であるという点です。近年は看護師求人サイトが非常に増えており、競争になっていることが予測できます。そのため各会社がより魅力的なサービスにしようと力を入れており、転職希望の看護師にとって便利な点がたくさんあります。ナースセンターやハローワークと違い、職探しのすべてがインターネット、メール、電話で進められ、仕事が終わった遅い時間でも電話対応してもらえたりします。多忙な看護師にとってはとても便利です。ナースセンターやハローワークだと平日の17時ごろまでなど対応時間が限られています。また、公的機関では言及しづらい人間関係や評判なども聞くことができます。中には転職が決まるとお祝い金がもらえる会社もあります。これはうれしいですね。サービス会社にとっては転職して成功したという実績が必要なため、成功できるように尽力してくれます。しかし、注意しなくてはならなのがこの「成功」を各社がどうとらえているかによって、看護師にとってはメリットにもデメリットにもなり得ます。転職後の満足度や転職後の勤続年数で評価されるのであればよいですが、ただ転職したという事実が欲しいという会社であると、とにかく転職させようと急かされてしまうリスクもあります。極端な考え方をすると、民間の求人サービスにとっては定職できずに転職を繰り返してくれたほうが収入が得られるという訳です。ちなみに、サービス会社は就職が決まると病院側から報酬をもらっており、そのため看護師は無料でサービスをうけられるのです。病院にとっては、できれば看護師転職サービスを経由せずに来てもらえればというのが本音でしょうね。

Comments are closed.