MHF-GのPCはこれを使おう!

言わずと知れたビッグタイトルである「モンスターハンター」シリーズの中で、特にPC向けオンラインゲームとしてリリースされている「モンスターハンターフロンティアG」(以下MHF-G)。

こちらは大迫力のモンスターや壮大なマップを売りとしているゲームなのですが、これをプレイするためにはどのようなPCが必要となるのでしょうか?

■推奨スペックについて

では、まず推奨スペックから見ていくことにしましょう。

OS:Windows XP,Vista,7,8(32bit,64bit)
CPU:Inter Core 2 Duo以上
メモリ:1GB以上
グラボ:NVIDIA GeForce 200シリーズ以上など
HPP:空き7GB以上

となっています。

最近のオンラインゲーム等と比べたら、標準程度の要求スペックだということが出来ます。

以前は「ハイスペックを要求されるゲーム」の象徴だった節があるのですが、最近ではそうでもなくなってきています。

では、これに適したPCの紹介を具体的にしていきましょう。

■推奨OCにはどのようなものがあるか?

まずは、G-tuneのMHF-G用にカスタムされたモデルの一覧ページをご紹介します。

URLは「http://www.g-tune.jp/gaming/MH/」となっています。

タワー型のPCが6つ、ノートパソコン型が1つ紹介されているのが、ページを見ると分かると思います。

タワー型を比較すると、ブロンズからゴールドまで実に幅広いラインナップがあります。

実際の予算によっても変わってきますが、一番コストパフォーマンスが良いのはシルバーモデルの「NEXTGEAR-MICRO im540SA3-MH」でしょう。

ブロンズモデルは必要最低限という感じがどうしても否めず、カスタムモデルでも若干グラフィックボードに不安が残ります。

他のオンラインゲームも視野に入れているのであれば、尚更シルバーモデルの購入をオススメしたいと思います。

ただし、もしゴールドモデルが購入可能なのであれば、これからの発展を考慮したうえで最高のモデルを購入しておくことをオススメします。

グラフィックボードの仕様が以降もかなりの使用に耐えられるものが採用されているためです。

また、他にはフェイスというショップで推奨モデルが販売されています。

「PASSANT i7AZ8N652-MHF」(http://www.faith-go.co.jp/gwpc/model/psi7az8n652mhf_main.php)というモデルで、Intel Core i7が採用されているのが強みのモデルです。

肝心のグラボは「NVIDIA(R) GeForce GTX 650」と若干パワー不足かもしれない面がありますが、CPUの元の性能が良いため、普段使いを視野に入れたPC購入をするのであれば、一般的な性能に近いともいえるこちらのモデルもオススメしたいところです。

Comments are closed.